木寺研究室 2018年第2回オープンキャンパス

木寺研究室 2018年第2回オープンキャンパス

木寺先生へのインタビュー

どんな研究を行っていますか

木寺先生

私たちの研究は,電波,特にミリ波やマイクロ波を用いることによって,目には見えない部分,すなわち壁の中や体の中などを調べる研究です.より精度の高い検査を行えるソフトウェアの開発を,データ解析や統計,機械学習などを用いて行っています.

研究室で取り組んでいる主な研究のテーマは三つあります.一つ目はコンクリート内部の検査です.従来の検査方法には,広い範囲を検査するときに時間がかかりすぎること,検査に漏れが発生するという問題があります.電波を用いた方法では,接触することなく内部の検査が行えるため,この問題点を解決することができます.

 

二つ目はがん細胞の発見です.がん検査,特に乳がんの検査では,患者が痛みを感じることなどから電波を用いた方法が提案されています.しかし,がん細胞と他の細胞との識別が難しいという問題点もあり,私たちは細胞の識別率を統計データなどから向上させる研究を行っています.

 

三つめは,物体の陰にいる人を発見するソフトウェアの研究です.電波の回折により物陰に物体があるかどうかを探ることができます.しかし,物体が人であるかどうかを判別することは画像データのみでは難しいため,私たちはドップラー効果を用いた手法での判別を研究しています.

II類の良いところを教えてください

II類は融合系と呼ばれており,通信,計測,機械などが含まれています.幅広い勉強や研究ができるのが強みです.研究では,このように複数の分野を組み合わせることによってブレイクスルー(技術革新)が生まれるといわれています.II類では一つ一つの分野のレベルもさることながら,他分野との組み合わせによって先進的な研究を行える点が魅力だと思います.

高校生へのメッセージ

高校でやっている勉強が実際にどのように役立つか,というのはなかなかイメージがわかないと思います.しかし,大学での勉強や研究は皆さんが今勉強している事柄を地盤として発展していきます.ですので,高校での勉強をさぼらずに頑張ってほしいと思います.また,II類ではそれらを融合させて研究を行うため,勉強の成果を実感できる良い環境だと思いますので,興味を持ってくれると嬉しいです.