2018年度 II類懇親会 取材報告

2018年度 II類懇親会 取材報告

2018/11/8(木),大学会館3Fのレストラン「ハルモニア」にて,学部3年生と教員との交流を目的とした,II類の懇親会が行われました.学部3年生は直後に卒研の研究室配属を控えていますので,熱心に教員と話をしている姿が見られました.

懇親会では食事を楽しみながら教員や上級生とお話できます

ここでは,懇親会で取材した,学部3年生の研究室配属についての意見をお届けします.本学の受験を考えていらっしゃる高校生の皆さんや,類分けを控えている学部1年生の皆さんは参考にされてはいかがでしょうか.

II類に入った理由を教えてください

学生さんに向けて熱心に説明される細川先生
  • ハード,ソフトの両方に進むことができるからです.これはII類の強みだと思います.(P2複数の学生.また,P3も同様)
  • セキュリティについて学べるからII類を選びました.(P1)
  • これから重要となっていくIT分野を学にはII類がベストだと思ったからです.(P2)
  • 通信の分野に興味があり,通信ならII類だと思いました.(P2,P3)
  • ロボットについて学べるからII類を選びました.(P5)

II類に入って良かったことを教えてください

  • 人当たりの良い先生が多く,気軽に話せる雰囲気を感じました.入ってからも居心地が良いです.(P2の複数の学生)
  • 電通大の名にふさわしい通信技術が学べたのが良かったです.(P2)
  • 必修科目が少なく,自分で学べる科目を選べます.私はこの方が自分にあっていると思ったので良かったです.(P1)
  • 思っていた以上に女性が多く,孤立することがなかったのが良かったです.築き上げた交友関係を今後も大切にしたいです.(P3 の複数の女子学生)
学部3年生に研究内容を説明する修士課程の学生

皆さんの意見では,幅広い分野について学べることに対して魅力を感じられたようです.ハードウェア,ソフトウェアの両面について,広く深く学べるところが,II類の強みといえるでしょう.これから類分けを控えている皆さんは,ぜひII類への配属を検討してみてください.一緒に最先端の研究にチャレンジしましょう.